沖縄に行ってきました2007/06/24 17:09

美ら海水族館
こんばんは。
HPの更新が完全休眠...しちゃいました。
また悪い癖が出て本当に申し訳ありません。

気がつけば1年間休眠してました。
昨年は夏のあたりから大口の仕事が数件入って、
出張続きで長野とか、福岡とかにお出かけしてました。

で、秋口にさらに大口のお仕事が....。
なんと沖縄のお仕事が入ってしまいました。

沖縄は初めての上陸...だったんですが、すでに5回行ってしまいました。
写真は取材中に行った美ら海水族館の写真です。
いやあ驚きました。
13m近くのジンベエザメが目の前を泳いでました。

沖縄は時間がゆったり流れていて、あの街並みと
人のやわらかさに非常に和みました。

沖縄はまた通いそうなのでたまに書きます。
で、今週から再びHPの更新も頑張ります。

ほしいものと言えば....2006/08/02 01:31

作業中のエンタープライズ本体
こんばんは。
HPの更新が遅れ気味...ですいません。

ここんところ、本業のHPの更新が多くてじたばたしてます。
エンタープライズの作業は着々と進めているのですが、
HPにアップする時間がなく、気がつけば深夜に...なってます。

うちの会社は「夏休み...」ってのがないので、
休みたい人は自己申告なので、休みたければ「休みます」って
言えばいいんですが、
その「休みます」が言えないくらいに忙しければ、
そもそも休み自体がなくなります。

忙しいと、おしゃべりをする時間もなくなるくらい、
時間がきつくなるんですが、最近、それになりつつあります。

最近「ほしいもの」と言えば、休暇かな。
じっくり考えて、じっくり進める時間がほしいです。

会社を退社した先輩から言われたことばで、

「いつでもできる」は「いつまでもできない」。
 今できることを、即実行するのが秘訣。

というのがありました。至言だな
あと思いました。
で、今週もまたHPの更新も頑張ります。

スタトレ三昧......2006/07/24 23:41

制作中のナセル
こんばんは。
ちょとHPの更新に間があいてしまいました。
(作業は続けているんですが....)

ちょっとやって、スタトレのDVDを見て、
またちょっとやってまた見る....という生活が続いてます。
(合間にバンドオブブラザーズも見てましたが.....)

よ〜く見て分かったのですが、模型を作るなら、
映画版のPart2「カーンの逆襲」が参考になるようです。

で、やっと最近気がついたのですが、ナセルの両側が光るのは
どうやら「正しい」ようです。
ワープの瞬間に両側が光っているシーンを見つけました。

なので、やっぱいい感じ....と思いながらも進めています。
そのほかにも参考になるサイトもいくつか見つけました。

やっぱ同じ趣味の人...いるんですね(笑)。
ではまた....。

ドレメルが壊れた...2006/07/05 22:50

ドレメル壊れたの図
長年愛用していたドレメルが壊れてしまいました。これはハンディタイプのドリルで、先に付けるアタッチメントが豊富で、回転数もいろいろと変えられて非常に便利なツールなんです。価格はアタッチメントを含めて2万円くらいしました。この趣味の工作?の大半はこのツールのお世話になっていたのですが、先週末に「エンタープライズの組み立て工作」をやってたら、突然、先のドリル部分が回転しなくなってしまいました。

「あら?」

先のアタッチメントの締めがたまたあゆるんだのかと思いました。モーターの回転音はしているので、てっきりゆるんだのだと思ったんですよ。そしたら全く回転しなくなりました。

以前、オークションで落札した安物?のツールキット(「ルーター」という名前で売られていました。)があったので、「ま、これでやるか...」と思い、初めて使ってみたのですが、「汗....」まったく使いものになりませでした。回転はしているものの、硬質のプラスチックに穴を開けるほどの威力がなかったんです。ドリルの刃を、プラスチックの表面に当てると「シュン...」と言ってすぐに回転が止まりました。話しにならない代物でした。

で、どうしたらいいのか....。こういうものは壊れないものだと勝手に信じ込んでいたのでかなり...困りました。よくよく考えると15年くらい使っていたものです。こんなの修理できるんだろうか....。ネットで調べたら「修理できます。当店で購入したものでなくても修理します」というお店がありました。

「江戸金物」って書いてありました。

代官山にある販売店さんでした。電話で聞いたら「持ってきてくれれば調べてお見積もりします」とのこと。すぐに持っていきました。修理代はなんとパーツ代、掃除費込みで2940円でした。お見積もりの確認をしてから2日かかりますってHPには書かれていたのですが、電話で見積の確認のお返事をしたら翌日の午後にはやってくれました。(しかもmailで「修理完了しました」の連絡が....。)ホントに良心的なお店でした。

お店の引き取りの時に壊れた理由を聞いたら、ドリルのモーターの回転部分の力を刃先の回転まで伝える「アタッチメント」が粉々に壊れてました。車で言うとクラッチ板みたいな部分です。これは硬質ゴム系の素材なんですが、なんと粉のようにくだけてました。
「長年使うとこうなるんだよ...」ってお店の人はにこやかに言ってましたが、確かに15年もばりばり使ったんで、壊れて当然だと思いました。

「買い換えかと思いました...」と言ったら「いえ。これはず〜っと使えますよ。ま。たまにクリーニングも兼ねてメンテに出してもらえるといいんですが...。」っと再びにこやかにお返事もらいました。ほんとにいい方でした。

このドレメル、購入当時は非常に高価なもののつもりだったんですが、今思うとゼッタイに安い買い物です。
これから購入を検討しているかた、ゼッタイにおすすめです。

これ買うとこんなのがいっぱいにできます。
ホントです。

P.S.
「江戸金物さん」http://tea-kikaku.com/dremel/

「こだわり」のこだわる部分2006/06/26 20:50

 こんばんは。昨年末から、ゴミの山のようになっていた!?(汗...) 自分の部屋もやっと片づけて、臨戦態勢になりました。現在、スタートレックのエンタープライズを仕上げているのですが、資料と素材を集めきった所で休眠しちゃいました。(大きな仕事が入ってしまい、仕事の調整を取っていると、家では寝てるしかない状態になってしまって....。)
 資料はそこそこ集めたんですが、ここで1つ分かったことがあります。分かったことは「映像やら作品の資料はあるけど、船のメーキングの詳細な資料はない...」ことでした。(すいません、ディアゴスティーニの週刊スタートレックは読んでないんであったらごめんなさい...。)
 
 確かに船の制作資料を集めて「これを丁寧に作り直そう....」なんて考える人はいないですよね。しかも今どき....(笑)。あるとしても模型メーカーさん?くらいですよね。
 いくつかの個人サイトでCGとかで作ったエンタープライズの画像も見つけたのですが、私が知りたい詳細な内容は、はしょられていたりして、やっぱ分からない....というか、進めないと言うか...。

 同じエンタープライズでも、テレビシリーズや映画のシリーズで特撮用の模型も何代もいくつモデルチェンジされているので、明確な定義はない...ようです。あるとすれば「映画パート2版」とか...の言い方になるようです。(もしかしたらかなりアバウトな発言かもしれません...。だったらごめんなさい。)

 私の考えかた..からすると、この手の模型は「らしく見えればそれでいいじゃん....」です。当然、資料も集めますし、映像もそれなりに集めて見ますし、ひとおおりの研究もします。でも判明しなかった部分は「あとはらしく....」でいいんじゃないかと思います。しかも、映像で見た「模型(宇宙船)」と、机の上に置いて眺める「模型(宇宙船)」のミニチュアは当然ながら、見かたも異なります。映画では「いかに巨大に見えるか」に工夫をしますが、机の上の模型はすでにミニチュアなので、「いかにミニチュアとして美しく見せるか....」なんですよね。うまく言えないんですけど、忠実に作ることが全てではない....ような気がするのです。
 私は、ふだんから「ばりばりに細部にこだわる人」に見られるのですが、実はこんなんです(笑)。
 なので、自分の好みでやっちゃう場合もあったりして、実はアバウト?な部分もあったりして。

 たぶんこだわる所がちょっと違う...のかもしれませんね。
 このお話しまた書きます。